ロゴ
  • トップページ
  • ジテンシャデポについて
  • 店舗一覧
  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • ブログ
  • 卸売事業のご案内
  • ニュースリリース

懐かしいあの人とグラベルロード犬山サイクリング

明けましておめでとうございます。名東店です。

特技は何ですか?と聞かれれば『健康です』と即答するくらい体の丈夫さには自信があったんですが、年始早々人生2度目のインフルエンザでダウンしてバタバタした2020年のスタートとなってしまいました。ふだんは本当に病気にかかりにくいタチで、風邪を引いた記憶もここ10年遡ってもまったく思い当らないくらいなのですが、 長期休みの後半で気が緩んだんでしょうか。 みなさんもくれぐれもお気を付け下さい。

話は変わりますが、昨年の秋にグラベルロードを買いました。BMX以外の自転車を買ったのは何年振りでしょうか。たぶん最後がGIANTのDH COMPというダウンヒルバイクだったから。。

 

 

悩みに悩んで選んだのはROCKY MOUNTAIN(ロッキーマウンテン)のグラベルロードSOLO30。決め手は走るフィールドを選ばない汎用性の高いスペックと、まあ見た目ですね。昔マウンテンバイクに乗ってた頃のロッキーマウンテンに対する憧れもあります。

 


 




で、早速名東店のスタッフ、イシダ君とキタザワ君を誘い香嵐渓までサイクリングしてきました。左からKONA ROVE STROCKY MOUNTAIN SOLO30MERIDA SILEX 400 名東店の取扱いグラベルロード勢揃いです。



香嵐渓は東海地方で有数の紅葉の名所です。名東店からは片道約35kmとサイクリングデビュー にはもってこいのスポット。猿投グリーンロード沿いに向かったのですが、想像よりアップダウンがきつく路面もガタガタなところが多いのでSOLO30の700×40Cタイヤのありがたみもしっかり感じることが出来ました。心配していたロードバイク初心者にありがちなお尻の痛みも7~80kmくらいの走行距離ではノーパッドで 全く問題ありませんでした。ふだんBMXに乗っているのでサドルにあまり体重を預ける乗り方をしないのが良いのかな?

 

香嵐渓サイクリングが想像していた3倍くらい楽しかったので年末は同じメンバーで犬山に向かうことにしました。




春日井市の朝宮公園に10:00ごろ集合し、尾張広域緑道を走り犬山城を目指します。




この看板だとまるで一本道のような尾張広域緑道ですが、実際はかなり道が途切れます。




こんな感じで緑道を調子よく走っていても




すぐに幹線道路などにぶち当たり道が途切れます。向こう側に緑道の続きが見えている場合は良いのですが、途中何度も緑道の再入場口が分なくなり迷います。 ただ後半になるとみんなのリョクドウ勘が鋭くなるのか道を見失ってもなぜかすぐに緑道に戻れるようになります。




緑道探しをすることおよそ1時間半、とりあえずの目的地犬山城が見えてきました。ちょうど昼時でお腹も空いたので、犬山城下町へ向かいます。




ここで元ジテンシャデポ大須店スタッフ サワノ君と合流、地元の犬山をいろいろ案内してもらいます。




城下町の入り口付近のスタンドに自転車を置いて、『観光地にサイクルスタンドを設置してスポーツサイクルを狙う自転車窃盗団がいたらヤバいね~』とかクソどうでもいい話をしながら犬山城下町を散策します。

 

年末の犬山城下町はこんな感じで想像以上に賑わっています。地元民サワノ君いわく数年前は何もなくて誰もいなかったそうですが。


まずは数ある城下町グルメからみんなで絶対食べようと話していた飛騨牛のにぎりをいただきます。上に乗っているいくらみたいなのはわさびです。めちゃくちゃ美味しかったですがお値段なんと2貫で1,000円!ちなみに後から気が付いたのですがこの通りには飛騨牛のにぎりを食べられるお店がもう2軒あり、一番お安いお店は2貫で600円でした。ちーん。

 

 

 

 

一通り観光したあと、次の目的地へ向かいます。

 

 

途中、木曽川のほとりで野生のカピバラ(ヌートリア?)とふれ合ったり

 

 

ナニコレ珍百景で有名になった喫茶店を遠目に見学したり。ちなみにこのお店がテレビに取り上げられ地元の人たちみんな安心したそうです。あまりに奇抜な外観から完全にアンタッチャブルな場所だったそうですが、テレビの取材を受けていたオーナーさんが思ったより普通の方だったそうで、一気に地元に安堵感が広がったそうです。(ガイドサワノ談)

 

 

木曽川沿いを5kmほど走り犬山のB級観光スポット桃太郎神社へ到着。

 

 

 

 

思ったよりこじんまりとした神社でしたが、レトロで不思議な世界観に癒されました。

この時点で15:00。そろそろ帰りのルートを考えだします。

来た道をそのまま帰るのも芸がないなと考えていると、なにやらサワノ君におすすめのルートがあるとか。

じゃあおまかせでという事で、神社を出発します。どんなルートか尋ねると『山を越える』『途中で神秘的な池を見られるかもしれない』だそうです。え??かもしれない??

 

 

来た道を少し戻り、宣言通り山道に入ります。

 

 

この辺りから道が完全にグラベル化して、一気にみんなのテンションが上がります。

 

 

途中ガイドサワノ君は『ちょっと道思い出します』とか『う~ん、、たぶんこっちだと思います』とか頼りない独り言を連発してみんなの冒険心をくすぐってきます。

 

 

ぼちぼち遭難の2文字がみんなの頭をよぎり始めたころ

 

 

ついに神秘的な池に到着。苦労して山道を登って森を抜けたところに急にきれいな池が現れます。なかなか感動的でした。

本当にすてきな場所でゆっくり休憩をしたいところでしたが、日没が迫っているのですぐに出発します。

 

 

池からは楽しいダウンヒルタイム。おまかせで走っていたので定かではないですが、この山越えルートは桃太郎神社から継鹿尾山・太平山を越えて四季の丘へ抜けるルートだったと思います。

 

 

無事に山を越えて次は入鹿池へ向かいます。入鹿池までの道も適度にアップダウンがあり、信号も少なく快適に走れます。行きの緑道探しも面白かったですが、帰りのルートは全行程本当に楽しかったです。

 

 

日没前に入鹿池到着。入鹿池は江戸時代に造られた農業用の貯水池で全国でも1.2を争う大きさのため池です。冬のワカサギ釣りが有名ですね。

 

 

17:30スタート地点の朝宮公園に到着。適当なところで引き返す予定だったサワノ君は結局最後まで付いてきちゃいました。でも彼のおかげでげでとても楽しい犬山サイクリングになりました。

この日は朝からずっと笑ってた気がします。自転車って飛んだり跳ねたりしなくても楽しめますね。

 

さて次はどこに行きましょうか。

自転車の雰囲気的にはやっぱりキャンプ絡めたいですね~

 

グラベルロードとキャンプとBMX

今年はコレでいきます。

 

 

ということで

 

本年もよろしくお願いします!

 

 

 

<< この記事に関するお問い合わせ >>

ジテンシャデポ名東店

愛知県名古屋市名東区猪子石2-806

TEL:052-726-8081 FAX:052-726-8082

営業時間:AM10:00~PM19:30 / 定休日:火曜日 通販可