• スゲー品揃え
  • ジテンシャデポがおすすめな理由
  • ジテンシャデポの店舗一覧
  • BtoB事業のご案内
  • 日本縦断
  • Youtubeへのリンク
  • 自転車旅行のご案内
  • 自転車ブランド大辞典
  • 3人乗り対応自転車

DOYOBOO(土曜部) 鈴鹿ロードレースに参加しました

アマゾン店担当者です。

11月12日に開催された鈴鹿ロードレース エンデューロ(4時間)に参加しました。

DSC_3236 DSC_3240 DSC_3247
「やってる感」を出しつつ楽しむことがコンセプトでもあるこの土曜部、朝早く出て参加することも全く問題ないのですが、「宿泊した方が遠征してる陶酔感がある」「呑める」「楽しそう」という理由で前泊することに。忘れ物はないか各自確認しつつ積み荷していると
DSC_3244 DSC_3245
事務スタッフのかしまし娘がフレームイン。見ての通り五月蠅いんですが、写真にしてもウルサさが損なわれることはない。画像でもウルサイって凄い。
DSC_3246 DSC_3253 DSC_3259
ええ感じで入ってるやんと社長、積み荷の様子、それを眺めるチーム土曜部のメンバー。
DSC_3249
「怪我の無いように楽しんできてや」そんな言葉とともにいただいた女性スタッフのMさんからの差し入れに「ありがたいっすねー」と喜びを隠すことなく表現するアサイ君。実際のところこの差し入れはとても役に立ちました、Mさんありがとうございました!
DSC_3260
いざ出発。左からかしまし娘、キューピーポーズのHさん、そして僕らを撮影している社長。この度のイベントにあたりハイエースを燃料満タンで貸してもらった上に資金援助までして下さる男前っぷり。社長、ありがとうございます!
DSC_3261 DSC_3262
中の様子。後部座席に座るカトウさん、ワカバヤシ君、ヤマザキさん、そして運転はアサイ君、助手席はシンムラ。
DSC_3264 DSC_3265
1時間程でホテル・ルートインに到着。駐車場にはキャットアイさんや岩井商会さんといった業者や、ロードバイクを積んだ車が多数停まっていました。

DSC_3267
ホテルのエレベーターにて、「やっちまった・・・」という表情のアサイ君。ホテルで受付してる時、参加確認証を忘れてきたことに気づいた模様。僕の分も預けていたので2倍焦っていたんでしょう。取りに帰った方が良いですよねと焦るアサイ君でしたが「5人で参加するから代表者分だけありゃ問題ないでしょ、そんな重要なもんでもなかろうて」ということですぐに前夜祭へ。
DSC_3274 DSC_3275
明日はレースだしほどほどに、とお互いに確認し合いながら乾杯。この居酒屋は釣りが出来てすぐに調理が一つのウリらしいので、どーせならと乗っかってみる。
DSC_3271 DSC_3272 DSC_3273 DSC_3276
他称シガマル界随一の釣り師、ワカバヤシ君がチャレンジ。「一番エエ鯛を釣れよ」とセンバイ方達の無茶ぶりを背に立ち上がる。
DSC_3278
因みに生け簀の中はこんな感じで、魚がぐるぐる泳いでいる。
DSC_3277 DSC_3279 DSC_3280 DSC_3281
「早速釣れましたで!」からの
DSC_3283 DSC_3285 DSC_3286
「逃げられました、HAHAHA・・・」のコンビネーション。
DSC_3288 DSC_3301
センパイの心無い罵声を浴びながら餌となる小エビを再度セットするワカバヤシ君。
DSC_3289 DSC_3291 DSC_3293 DSC_3295 DSC_3297 DSC_3302
「僕も手伝いますわ」とアサイ君、土曜部のチーム力が発揮されて無事食材をゲット。
DSC_3308 DSC_3309
一番エエ鯛が釣れたのかセンパイ方もご満悦の様子。「まだ動いてますね」からの
DSC_3306 DSC_3307
思い出し参加確認証忘れにより悲しい顔になるアサイ君。
DSC_3311 DSC_3312
「軽めに」といっていたのはどこへやら、結局日本酒で乾杯に突入する僕とワカバヤシ君。ビール×2と日本酒×4、この位なら明日に影響はない筈。
DSC_3313 DSC_3314 DSC_3315 DSC_3316
エンジンの回転数が上がるカトウさん。エネルギー源は焼酎のようだ。
DSC_3317 DSC_3326
時折見せるアサイ君の悲しい顔は乾杯で吹き飛ばしたはずが
DSC_3329 DSC_3328 DSC_3330
またも復活したのでスイーツで殲滅。これ以降悲しい表情は現れませんでした。この二人、やや強面と言われることが多いらしいんですが、見た目とは裏腹に甘いの大好き。
DSC_3337 DSC_3343 DSC_3344
「シメはラーメンでしょ」ノリノリとなったカトウさんは誰にも止められない。しかしお手紙付きで送り出してくれるとは素敵な奥様ですね、やはり仲が良いんですなぁ!
DSC_3347 DSC_3348 DSC_3349 DSC_3350
結局近くのラーメン屋で締めて
DSC_3353 DSC_3359 DSC_3360
ホテルに戻ったのが23時過ぎ。予約の都合上1人部屋×5になったんですが、もし相部屋だったら更に悪ノリして呑んでしまうかもしれませんし、これで良かったのかも。
DSC_3362 DSC_3365
出かける前は眠かったのに睡眠欲が湧いてこない僕は探偵ナイトスクープを見ることに。2時位に外で話し声がするなと思って窓から覗くと、誰かがポジション合わせ的なことをやってました。
DSC_3371

翌朝は16時30分にロビーで集合。
DSC_3369 DSC_3374 DSC_3376
偶然岩井商会さんのトラックが前を走っていたので付いて行ってサーキットに到着。
DSC_3378 DSC_3379
ハイエースを駐車場に停めて最終のエア圧を調整、会場に向かう。
DSC_3381
会場へ向かう途中にヤマザキさんとはぐれるというハプニングもありましたが
DSC_3383
無事到着。
DSC_3384 DSC_3387
会場は暗い、まだ朝5時位だからね。
DSC_3388 DSC_3389 DSC_3395
無事に受け付けも終わりほっとした表情のアサイ君。ゼッケンを貰い夜が明けてくると、いよいよだなと少し緊張気味に。
DSC_3386 DSC_3397
試走が終わり、走行の順番を決める。1番:ヤマザキさん、2番:アサイ君、3番:カトウさん、4番:ワカバヤシ君、5番:僕(シンムラ)の順に決定。
DSC_3399 DSC_3400 DSC_3401 DSC_3407
第一走者のヤマザキさん。レースに向けての土曜部ツーリング(かもしか荘)の際には「当日のことを考えると今緊張してる」と青ざめていたのに、当日になるとふてぶてしさすら感じるこの余裕の表情。
そして続々とスタートラインに向かう選手たち。みんなカッコいいぜ!
DSC_3409 DSC_3411 DSC_3413
8時間耐久は8時から、4時間耐久は8時3分から。いよいよレースの始まり。

DSC_3415

僕たちのコンセプトは「無事に楽しむこと」で、強いて挙げるなら目標は4時間で20周、つまり一人あたり4周。
しかし8耐のトップ集団は速い、電光掲示板は8時7分台なのにもう戻ってきた。マジか、いや雰囲気に吞まれてはいけない、僕らは僕らで楽しもう。それでは暫くレース途中の様子を。
DSC_3414 DSC_3442 DSC_3448 DSC_3450 DSC_3452 DSC_3418 DSC_3431 DSC_3449
3時間を過ぎた頃、このペースならあと1周はイケるんじゃないかという雰囲気になり、ヤマザキさんで始まったこのレースをヤマザキさんで終わろうという流れになる。俄然盛り上がる僕達、まさかのもう一周に焦り始めるヤマザキさん。
DSC_3452 DSC_3454 DSC_3457 DSC_3459 DSC_3464 DSC_3468 DSC_3469 DSC_3466
ROAD TO ヤマザキさん5週目。結果は・・・
DSC_3470 DSC_3473 DSC_3477 DSC_3477 DSC_3478 DSC_3479 DSC_3480 DSC_3482
皆の思いを背負って最後のストレートを走り抜けるヤマザキさん。乗っている方も見ている方も良い笑顔です。

DSC_3497 DSC_3503 DSC_3505 DSC_3490
トラブルもなく天候、気温にも恵まれて、本当に楽しいレースでした。昨日の出発からまだ24時間も経っていないのに、色々なことがギュッと詰まった濃厚な時間を過ごしたような感覚。

DSC_3509 DSC_3508 DSC_3445 DSC_3447
最後は会場をブラブラして
DSC_3510 DSC_3511
鈴鹿を後にする。復路も運転はアサイ君、疲れてる中すまないね。
DSC_3512 DSC_3514
途中でお昼ご飯を食べた後、後部座席が静かだなと思ったら・・・

DSC_3516 DSC_3517 DSC_3522
事務所にお土産を置いて解散。また来年も参加したいですね。