ロゴ
  • トップページ
  • ジテンシャデポについて
  • 店舗一覧
  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • ブログ
  • 卸売事業のご案内
  • ニュースリリース

【HOW TO BMX】BUNNY HOP(バニーホップ)



ストリートライディングには欠かせないバニーホップ。シンプルに見えてじつは奥が深いトリックですよ。

ぼくの考えるポイントを思いつく限り書いてみます。

1.バニーホップに入る直前に膝を曲げて下に沈み込み、伸び上がる為のタメをつくる。
2.前輪を上げると同時に自分の腰を出来るだけ高い位置まで持っていきハンドルを引き付ける(引き上げたハンドルバーにおなかをかぶせる感じです。この時の腰の高さがバニーホップの高さを決めます)。
3.腰に引き付けたハンドルを胸まで引き上げる、同時に膝をたたんで後輪を引き上げる(足の裏でペダルをしゃくり上げる)。
4.そのままハンドルを前に押し出してテコの要領で後輪を上げきる。
5.膝を徐々に伸ばして着地の体制を作る。着地は両輪同時が理想です。

※踏切のタイミングを掴むために障害物を置いて練習するのがおすすめです。
※前輪を引き上げた時の腰の高さ - タイヤの直径 = バニーホップの高さです。
※前輪は障害物を越えるが後輪が当たってしまう人はハンドルを前に押し出す動作が弱い場合が多いです。
※90cm、1mの高さになるとまっすぐ後輪を上げるとお尻にぶつかるので左右どちらかにタイヤを逃がす技術が必要になります。

こんな感じだと思います。

とあるプロライダーさんがBMXトリックの最終兵器はバニーホップだとおっしゃってました。

終わりがないトリックなんですよね~ バニーホップ!

※BMXを始めたばかりの時、いろんなHOW TO動画を見まくっていましたが
説明(しゃべり)が長い動画は、せっかちな僕には合わない気がしました。

と言うわけで、動画に説明はぜんぜんありません。

ひたすらバニーホップをいろんな角度から撮ってるだけです。別に手抜きではないですよ(笑)

コツなんかが聞きたい方は気軽にKAYOBOO(火曜部)に参加希望してくださいね!


<< この記事に関するお問い合わせ >>

ジテンシャデポ名東店

愛知県名古屋市名東区猪子石2-806 TEL:052-726-8081

営業時間:AM10:00~PM19:30 / 定休日:火曜日 通販可