ロゴ
  • トップページ
  • ジテンシャデポについて
  • 店舗一覧
  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • ブログ
  • 卸売事業のご案内
  • ニュースリリース

JAPANCUPエリートクラスついにデポクルーが表彰台に!!

こんにちは名東店です。

11/21~22に行われたマイナビ JapanCupのトップカテゴリー「エリートクラス」でジテンシャデポクルー 堀田 凌生(ホッタ リョウセイ)が3位入賞、悲願の表彰台に上りました!


 


 


BMXフリースタイルパークの日本一を決める男子エリートクラス。ジテンシャデポクルーからはリョウセイ、セイメイの2人が参戦。今大会は絶対王者の中村輪夢がケガで欠場していることもあり、2人とも初の表彰台を強く意識して練習をしてきました。前日の予選はセイメイが2位、リョウセイ3位で通過、初めて最終グループで決勝を迎えます。

 


 
この投稿をInstagramで見る
 

Ryousei(@ryoseibmx0212)がシェアした投稿



リョウセイの決勝2本目、ジャンプランプで逆バースピンから正方向にダブルバースピンという、どう呼んでいいのか分からないオリジナルな大技をメイクして勢いに乗ります。その後も360テールウィップ、360ダブルトラックドライバー、バースピンタックノーハンドなどの難易度の高いコンボ技を次々に決めて高得点をたたき出し暫定3位につけます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

Seimei Okada / 岡田清明(@seime1_o)がシェアした投稿


そしてリョウセイの高得点に会場がヒートアップするなか、静かに闘志を燃やすセイメイの2本目。大技バックフリップテールウィップから畳み掛けるような素晴らしい走りでしたが、思ったほど点数は伸びず6位でフィニッシュ。この時点でリョウセイの3位が確定します。

 


圧倒的な走りで優勝したのは高木聖雄くん。日本BMXパークシーンの第一人者です。リョウセイ、セイメイの師匠でもあります。

 


リョウセイは実力はあるのにコンテストではなかなか良い結果につながらず、モチベーションを維持するのが辛い時期もあったと思います。今回努力が報われる形になり本当に良かったです。これからは日本のトップライダーの一員として世界に目を向けさらに成長していってもらいたいと思います。そして今回は6位に終わりましたがセイメイのダイナミックでスタイルのあるライディングも大いに観客をに沸かせていました。2人とも今年エリートクラスに上がったばかりですが、すでに表彰台を狙える実力があることがわかり、とても頼もしく感じました。

 


お気づきかもしれませんが、ジテンシャデポクルーが被っているキャップは、セイメイのスポンサーであるNEW ERA(ニューエラ)さんがセイメイのプロモーションの一環としてヘルメットと同じデザインで制作してくださったクルー専用キャップです。

このキャップを被るのが目標というキッズライダーがたくさん出てきてくれるよう、これからもチーム全員で頑張っていきたいと思います!


 

 

<< この記事に関するお問い合わせ >>

ジテンシャデポ名東店

愛知県名古屋市名東区猪子石2-806

TEL:052-726-8081 FAX:052-726-8082

営業時間:AM10:00~PM19:30(冬季AM10:00~PM19:00) / 定休日:火曜日 通販可

※ジテンシャデポのBMX専門サイトはコチラ↓↓↓

ジテンシャデポBMX (http://bmxdepo.com/