ロゴ
  • トップページ
  • ジテンシャデポについて
  • 店舗一覧
  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • ブログ
  • 卸売事業のご案内
  • ニュースリリース

BMXジャイロ アッパーケーブルの新しい調整方法

こんにちは名東店です。

今日はBMXに乗っていて、ジャイロブレーキ仕様で、アッパーケーブルの調整に困っている方限定のピンポイントなブログを書きます。

そもそもジャイロってなんやねん??っていう疑問には一切答えないスタイルで話を進めていくのでよろしくお願いします。

ジテンシャデポ名東店ではパークで乗るストリートライダーさんのご利用も多いので、ジャイロ関係のカスタム、修理の依頼をよく受けます。

そこでいつもある問題に頭を悩ませていました。

アッパーケーブルのインナーワイヤーがけっこう余っちゃう問題


BMX用のアッパーケーブルはブレーキレバー側とジャイロローター側の両方にワイヤーを引っ掛けるタイコが付いているのでインナーワイヤーの長さをカットして変更することができません。(正確にはナープスという後付けの疑似タイコを使用してカット&長さ調整が出来るのですがこの方法はパーツの供給面、レバーとの相性、耐久性に不安があります)

はじめからジャイロブレーキ仕様の完成車は、ハンドルバーの高さやブレーキレバーの形状、ジャイロプレートまでの距離などから計算した最適な長さのアッパーケーブルがセットされているのでとくに問題ないのですが、ハンドルバーやステムを交換したり、後付けでジャイロを追加した場合は高確率でインナーワイヤーが余ってしまう現象が起こります。


 

さあ、もうほとんどの読者が話についてきてないと思われますが、宣言通りかまわず進めます。

 

市販されているジャイロアッパーケーブルの長さは3~5種類くらいしか選択肢がないので万人のセッティングに合わせるのはそもそも無理があります。


じゃあインナーワイヤーが余るとブレーキ性能にどんな影響があるのでしょうか?

まずブレーキをかけようと思ってレバーを引いてから実際にワイヤーを通じてブレーキが作動するまでに時間差が出てしまいます。深くレバーを握りこめば最終的にブレーキは効くのですがブレーキタッチがガチャガチャのぐにゃぐにゃになりとても不愉快です。

もう一つはワイヤーが余る=タイコがしっかり引っ掛かっていない状態ですので、ちょっとしたことでワイヤーがジャイロローターから外れてしまいます。これが一番問題です。BMXのフリースタイルは数ある自転車競技の中でもトップクラスにブレーキを使わない競技なんです。リアルストリートメインのライダーさんなんかはほとんどノーブレーキですから。

ということはですよ、ブレーキをかける時というのはかなりの緊急時ということになります。何かしら自分の意図しない状況になってこれはヤバい!!って時です。そんなタイミングでワイヤーが外れててブレーキが効かないとか。。。

 

もちろんメーカーさんもこの点を考慮してケーブル自体にインナーワイヤーの長さを調整できるアジャストボルトを付けているのですが、実際はこのアジャスト機能をフルに活用してもワイヤーが余っちゃう事がほとんどです。



 

さて、この問題を他のBMXショップさんや日本のBMXディストリビュータさんはどの様に解決してるのだろう??と常々不思議に思っていたのですが、少し前にあるディストリビューターの営業さんから『(アッパーケーブルのインナーワイヤーがけっこう余っちゃう問題)アオキさんのところではどうやって調整してます?』というご相談を受けました。

その時はどうするもこうするもケースバイケースで何とかうまくやってますよとしか答えられなかったんですが、最近かなり再現性の高い良い解決方法を編み出したので発表してみようと思います。

だいぶ自分でハードル上げちゃった感がありますが大丈夫でしょうかね(笑)

 

名付けて

 

アッパーケーブルのダブルアウター受け調整法


長いですか?だれかアルファベット3文字くらいでカッコイイ名前考えて下さい。

これを思いついた時はBMXジャイロ界(?)の革命や!!!と興奮したのですが、冷静になって考えるとそんなに大した内容じゃありませんね。

不要になったブレーキのアジャストボルトにグラインダーでスリットを入れてアッパーケーブルのアジャストボルトに連結させただけです。追加するアジャストボルトの長さをカットして変えることでほとんどの長さに対応できると思います。

    

 

さっそくジャイロ仕様のジテンシャデポクルー5人に取付て1か月ほど経過観察していますが今のところまったく問題なしですね。彼らがパークで使用して問題ないなら、ほぼ安心して使える方法なのではと考えています。

 



↑ブレーキレバーのアジャストボルト全開状態、すぐにボルトが回ってワイヤーがたるみますし、ねじ山がダメになりやすいです。



↑はい、こんな感じでスマートにセットできます。

 







この情報を必要としている人が世の中にどれくらいいるのかはナゾですが、

もしジャイロケーブルのセッティングでお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

あと、この説明じゃ何のことかわからんとか

ディスクグラインダーもってないよって方は名東店までお気軽にご相談ください!

 

<< この記事に関するお問い合わせ >>

ジテンシャデポ名東店

愛知県名古屋市名東区猪子石2-806

TEL:052-726-8081 FAX:052-726-8082

営業時間:AM10:00~PM19:30 / 定休日:火曜日 通販可

※ジテンシャデポのBMX専門サイトはコチラ↓↓↓

ジテンシャデポBMX (http://bmxdepo.com/