• スゲー品揃え
  • ジテンシャデポがおすすめな理由
  • ジテンシャデポの店舗一覧
  • BtoB事業のご案内
  • 日本縦断
  • Youtubeへのリンク
  • 自転車旅行のご案内
  • 自転車ブランド大辞典
  • 3人乗り対応自転車

2016年モデル 展示会の様子 マルイ編

アマゾン店担当者です。

部品ではTIOGA、TOPEAK、ERGON、LAZERやギザプロダクツ、完成車ではSCWINNやCENTURIONでおなじみのマルイさんの展示会に参加しました。
IMG_1675IMG_1676IMG_1986IMG_1678
三ノ宮駅からポートライナーでポートアイランドへ。昔はKou’Sがあってちょくちょく行く事もあったが、最後に乗ったのは大学生時代にワールド記念ホールで開催されたOASISのライブだから17年ぶりくらいかーとしみじみ。
IMG_1679IMG_1984
会場イン。毎年いただくやたらと分厚いカタログは伊達ではない。自転車本体はさておき、部品のボリュームは相当なものだ。
IMG_1695IMG_1697IMG_1706IMG_1708IMG_1711IMG_1712IMG_1701IMG_1700IMG_1703IMG_1716
TOPEAKの携帯工具。正直なところ「こんなにラインナップは必要なのか」とも思ってしまうわけですが、より細かくニーズに対応した結果と言えば頷ける。備えあれば憂いなしですが、備え過ぎは重量増でスポーツライディングの感覚をスポイルしてしまう可能性もあるでしょう。しかしギザプロダクツと新ブランド「ADEPT」にも携帯工具はラインナップされているわけで、選ぶ者にとっては目移りしてしまうんじゃないかなーなんて思ったり。
IMG_1734IMG_1735IMG_1737IMG_1738
携帯工具に劣らず、携帯空気入れのラインナップも相当なもの。これはその一つのレースロケットシリーズ。ヘッドを廻すだけで仏式と米式を切り替えできる「スマートヘッド」を搭載しており、フレキシブルなホースがどんなアングルからでも操作できてバルブにストレスがかからない優れものの一つ。ホース内蔵もネジで固定されているのも良い点ですね。
IMG_1740
携帯空気れといってもサイズは様々。下からポケットロケットDX、ロードモーフ、ターボモーフ、メガモーフ。
IMG_1742IMG_1741
フロアポンプやキャリアにも様々な種類が。
IMG_1788IMG_1789
こちらはギザプロダクツ。これでもギザプロダクツ全ラインナップからしたら1/5以下くらいでしょうか?ケーブルアジャストボルトやリードパイプといった小物からサドル・ペダルといったある程度大きなものまで幅広くラインナップされており、カスタムの楽しみが広がる。
IMG_1821IMG_1820
比較的お手軽な価格+モデルによってはサイズバリエーションが豊富で人気のフィニッシュライン。
IMG_1749
2016年より新たに加わったブラント「ADEPT」。
IMG_1753IMG_1754IMG_1755IMG_1756
なかなか面白いアクセサリーを展開する模様。
IMG_1875IMG_1876IMG_1877IMG_1878IMG_1879IMG_1880IMG_1881IMG_1882
後輪のクイックリリースに取り付けて使用するアイデアあふれるロードバイク用ポータブルリアフェンダー。僅か95gと軽量で、使用しないときはコンパクトに折り畳んで収納出来ます。
IMG_1886IMG_1884
こちらも2016年の新製品、シリコンストラップで様々なサイズのスマホを固定できるスマートフォンホルダー。7800mAhの大容量バッテリーを有し、出力用USBポートを二つ搭載している。
IMG_1894IMG_1895
限りあるスペースを有効活用すべくといったところか、自転車の中に「潜む」ニューコンセプト、「ニンジャ」シリーズの一つであるポータブルポンプ「ニンジャP」。シートポストの中に携帯ポンプを忍ばせている。最大160psiまで充填可能とのことだが、これに関しては疑わしいと個人的には感じた。
IMG_1896IMG_1897IMG_1898IMG_1899
グレーの先端箇所をぐるぐる回すとゴムが潰されで脱着が出来る仕組み。
IMG_1911IMG_1910IMG_1909IMG_1908
次はハンドルバーの中に収納するチェーンツール、その名も「ニンジャC」。シマノHG(6~11S)、UG、IG、カンパも11S対応でチェーンフッカーも付属している。
IMG_1914IMG_1913IMG_1919IMG_1920IMG_1921IMG_1922
ニンジャシリーズの最後は「ニンジャTC8+」。ボトルケージ下側に小型ツールケースを一体化、その中にミニツールを備えたもの。
いやー、ホント色々考えるなーと感心しました。
IMG_1806IMG_1811
蜘蛛の巣のようにアミアミな外観が特徴のTIOGA スパイダーシリーズ。
現在はスパイダー ツインテール→スパイダー ツインテール2へと変わっておりますが、主な変更点は2層式ウェブメッシュ+反りを減らしてポジションの自由度を増したことにあるようです。
IMG_1818IMG_1814
同じように見えてノーズ部分の太さや肩幅、反り具合は異なります。説明していただいたマルイさんのスタッフによれば、大まかに分けるとロード用はツインテール2、スタンダードなのはストレイタム、ポジションの取り易さでロングライド向きなのはアウトランド、てな事でした。
このスパイダーシリーズ、同じ外観で極端に安い価格で販売されていることもありますが、その殆どはコピー商品の偽物ですのでお気を付け下さい。
IMG_1854IMG_1855IMG_1856IMG_1857IMG_1862IMG_1866IMG_1864IMG_1863IMG_1822IMG_1823IMG_1824IMG_1825IMG_1837IMG_1838IMG_1839IMG_1840IMG_1841IMG_1842IMG_1833IMG_1834IMG_1835IMG_1836
「ロールシス」が特徴のLAZERヘルメット。ブレードのカラーリングが結構増えてました。そういやヘリウムが見当たらなかったが、廃盤になったのだろうか?

その他沢山商品を撮影しましたが、キリが無いのでこのへんで。
詳細は商品が入荷したらご紹介致します。