• スゲー品揃え
  • ジテンシャデポがおすすめな理由
  • ジテンシャデポの店舗一覧
  • BtoB事業のご案内
  • 日本縦断
  • Youtubeへのリンク
  • 自転車旅行のご案内
  • 自転車ブランド大辞典
  • 3人乗り対応自転車

2016年モデル 展示会の様子(アキボウ・GIANT・シマノ) その3

アマゾン店担当者です。

引き続きアキボウ会場にて、Ternを一通り見終えた後はDAHONへ移動。

IMG_0865IMG_0866
まずはフラッグシップモデルとなるMu Elite(ミュー エリート)。2015年モデルではブルーホーンバーでしたが、2016年モデルではドロップバーになりました。ハンドルポスト長も変更され、さらにアグレッシブな走りが可能になりました。変速段数も20Sから22Sに。フレームはカラーリングだけが変更かと思いきや・・・
IMG_0871IMG_0870
溶接の処理がとても綺麗になりました。これはEliteだけじゃなく、SLX、P9、Viscも同じような処理になってます。
IMG_0855IMG_0856
続いてMu SLX。これは2014年モデルですが個人的にも所有しており、2015年モデルでもとあるお客様(Y様)とのお取引で印象に残っているモデル。グリーンはKCNCのシルバーカラーが目を惹く。
IMG_0858IMG_0859
溶接処理がとても美しい、羨ましい限りだ。
IMG_0860
去年まではコントロールテックのカーボンハンドルバーでしたが、コストカットの為かアルミハンドルバーになってました。とは言え重量は8.6Kg(ペダル除く)と変わりなし。コントロールテックのカーボンハンドルバーは表面がツルツルしてて締め付けの弱いライトだとすぐにお辞儀状態になったので、そういう観点からは良いのかもしれない。
IMG_0861IMG_0862IMG_0863
コンパクト且つ軽量で20SのVisc P20。昨年から大きな変更点はないが、溶接痕が綺麗になりました。
IMG_0879
敢えてそのまま乗るのも良いが、カスタムを前提としたDAHON最軽量モデル Presto SL(プレストSL)が復活。重量は8.1kg(ペダル除く)。
IMG_0882IMG_0888IMG_0887IMG_0886IMG_0885
ホリゾンタルフレームが特徴のHorize(ホライズ)。DAHONには珍しいエンド幅、ディスクブレーキ台座、Fメカ台座とカスタムの余地が沢山有ります。
IMG_0883IMG_1000IMG_1002
Speed Falco、Boardwalk、Curveあたりは先行入荷しており既に販売もしてるので、ざっと写真だけ。
IMG_0884
2015年モデル時には発売はされていたものの何故かカタログには掲載されていなかった「Mist(ミスト)」。2016年モデルも取り扱うつもりはないし、興味が持てないので雑に撮影。
IMG_0878
縦折れ型のEEZZ。とりあえず今年も取扱いを見送った。

DAHONはあらかた見終わったので、別室のCOLNAGO会場へ。
取扱いはしていないものの、イタリアンロードの御三家の一つは気になっちゃう。
IMG_1011IMG_1012IMG_1007IMG_1024IMG_1017IMG_1026
最後に写り込んだのは岐阜県の自転車屋「自転車幸房」大将のTKHR氏、勝手に友情出演してもらいました。

IMG_1031IMG_1032
結構時間がかかってしまい、会場を出たのが14時30分を回っていた。次はシマノ会場で大阪かーと招待状を見ると、15時30分までと書いている。17時30分までだと勘違いしており急いで会場へ向かうも、16時前に到着。片付けが着々と行われてる中、空気を読まずに会場イン。シマノさん、御迷惑をおかけ致しました・・・

2016年モデルTernにDAHONアキボウモデル、先行入荷分以外も少しずつではありますが入荷しておりますので、是非ともご検討下さい。