• スゲー品揃え
  • ジテンシャデポがおすすめな理由
  • ジテンシャデポの店舗一覧
  • BtoB事業のご案内
  • 日本縦断
  • Youtubeへのリンク
  • 自転車旅行のご案内
  • 自転車ブランド大辞典
  • 3人乗り対応自転車

ありがたき、コーヒー豆。

コーヒー屋に勤めているお客さんから豆貰いました。
自分で焼いたとの事で持って来てくれたんですよ、凄い嬉しい。
浅い酸味有、と、深い。



朝から豆をミルでおらおら削って薬缶からどぼどぼお湯を注ぎます。
雑ですみませんが、僕はこういう入れ方が一番好きです。



頂いた豆で入れたコーヒーと、
パンをバターで焼いてメープル・シロップかけてからの目玉焼き乗せ。
僕の舌の性能で浅い酸味有と深いの違い分かるのかと思いましたが、
意外と分かったんですね、これが。
美味しく頂きましたよ、いつもありがとうございます。



午前中でボトム・ブラケットからクランク交換が3件入った日があって、
結構手首に応えた朝の事書きます。

持ち込みでホワイト・インダストリーズのエノ・クランク交換。
ボトム・ブラケットを手配させてもらったのですが、軸長を失敗しました。
ボトム・ブラケット・シェル73ミリ・メートルだったんですね。時間頂いちゃってすみませんでした。
話し変わりますが、今年のノース・アメリカン・ハンドメイド・バイシクル・ショーで、
ホワイト・インダストリーズから2ピースのクランク発表されてましたね。
ちょっと楽しみ。



こちら以前購入して頂いたオール・シティのクランク交換。
この黒色の4アームからの、



スギノのアールディー・メッセンジャー、銀色の5アームに交換。
もっと踏めるという事だったので歯数も増やしてます。
ボトム・ブラケットも鉄からアルミニウムの物に換えて少し軽くしましたよ。
白色のフレームをいじる時、クランクを銀色にするのお勧めです。



お二方共僕のお勧め、ゼファールのクランク・アーマー取り付けさせてもらいました。
ありがとうございます。

これが一番きつかった最後の交換。
足元がぐらぐらするという事で持ち込みでした。
限界超えて、ボトム・ブラケットもベアリングもぐちゃぐちゃになってからの交換依頼。来たな。
スピンドルが酷い事に。



ドライブ・サイドはダブル・ベアリング仕様だったのかな。違いますね。
上がお疲れ様、下がこれから頑張れよ、なクランク・スピンドル。
右のボトム・ブラケットが変形してしまって外すのが非常に大変で、
外しながらフレームの塗膜に亀裂が入った時は続けて大丈夫かなと心配になりました。
修理続けるのも悩ましい状態でしたが、何とか直してお渡し。

もう激しく使う予定は無いと言う事でしたので修理しましたが、
状態によってはお断りさせて頂く事もあります。
その時はごめんなさい。

ボトム・ブラケットの話しからの、ボトム・ブラケットをいじる工具の話し。
少し前にホーザンからロック・リングを回す工具が新しく出て、これが凄く便利。
持って無い、出ているの知らなかった、出てるのは知っているけど買うつもり無い、
そんな自転車屋の方、買った方が良いです。
これがロック・リングに、



ぴったりはまり、アジャスタブル・レンチで回せます。
回す時にがたつかない様にする為の軸も付いてます。
チェーン・ケースが全被りでも締め込めます、これさえあれば楽勝。
最高。



そんな朝でした。お疲れ様、右手首。


高針店/ホンジョウ